ディズニーワールドイングリッシュんをしらべて感じた事を書きなぐってみます!

まずはじめにディズニーワールドイングリッシュ(以下DWEと略します)ってご存知ですか?

簡単に言うと子供の英語教育です
「ディズニーの英語システム」

その英語教育を自宅でしかもミッキーを始めディズニーキャラクターが教えてくれる!

しかも進め方も簡単w

DVDを見せるだけ

CDを聞かせるだけ

おもちゃを遊ばせるだけで

それだけで子供は英語を覚えます!

っていうシステムなんですw

なんかあくどい商売みたいですけどw

大丈夫!

僕は少し前に記事にしているほど

ずっと前から気になってたんですが

パッと手放しで飛び込めない唯一の理由が

高いw

高い金額の割に子供が英語を話すようになるのかが分からない(信じきれない)

まだ日本語もしゃべれない子供に与えるものですから

すぐに効果が出るわけがないですよねw

ずっとそんな感じでくすぶっていました!

けどね!

0歳から3歳までの今じゃないと効果が出にくくなる

僕たちが英語から離すと子供はもっと覚えにくくなる

幼児期にいかにこの教材に触れさせるかが重要なんです!

これからの時代英語が話せるスキルは必須だと思ってます

自動翻訳機能が発達して直接的に英語が話せるスキルは必要ないかもしれませんが

自分の夢は自分で語らせたい

そして 子供が夢を語るとき その言葉が多くの人に届くには日本語だけじゃ少ない

少しでも多くの人に自分の夢を語るためには英語が必須なのです

まぁ〜

英語の必要性は僕がわざわざ語らなくても皆さん気にはなってることと思います!

で!

どのような手段で子供に英語を教えるか!?

これですよね?

学校教育の中ではちょっとしんどそうですもんね?

かといって僕が教えるカタカナ英語じゃねw

塾?これも何歳からが適切なんでしょうか?

ふと考えたんです!

英語圏の人々って英語で喋りますよね?

子供ももちろん英語を覚えて

むしろ日本語がわからない

当然なんですけどw

っで!

幼児の時期にただ見せるだけ!聞かせるだけ!で英語教育ができると言うこの教材が気になってました

言葉を覚える幼児期に英語にも触れていれば英語も日本語も覚えるってのは納得できますよね

赤ちゃんの脳は当たり前ですが

全ての発音を聞き取る力を持ってます!

生まれながらに英語用の脳とか日本語用の脳とか選ぶわけじゃなく

全ての言葉を聞き取れる状態から必要なものだけを残していく

地球上には1808個の発音があるそうです

その中の日本語は61個?

例えて言うと1808個の発音から周りからよく聞く61個はよく使うので覚えるけどそれ以外の1747個は時間とともに忘れていく

(認識せずに忘れていく)

そしてその発音は聞き取れるから違いがわかり自分も発する事ができる

日本国内でも方言の影響でさしすせそが言えないとかかきくけこが言えないとか

そんな地域がありますけど

「同じ日本人なのになぜ言えないの」っと思っていたのですが

普段からさしすせそやかきくけこを使わずに相手との会話が成り立つような方言であればたしかに言えないですね!?

その違いが判らないといえばいいのか

そんな感じで

DWEは

DVDやCDを通して発音の違いを知ることができます

何を言っているのかどんな時に使われれいるのかがわかって来ると自然とそれを使い始めます

そのためには2千時間のインプットが必要だそうで

2千時間のインプットってもちろん聞く時間が2千時間必要っというのはわかりますが

実際にはどんな時間なのでしょうか?

1年365日として1日1時間だけ英語に触れるとします!

2000÷365=5.47・・・

5年と半分?

塾とかのように1週間に1度とかだったら

365÷7=52.14・・・

2000÷52.14=38.35・・・

毎週一時間で38年?

計算あってるかな?

週2回で19年

週3回で12年

単純計算ですので定かではないのですが

在学期間が一番長い小学校で週6時間

英語に触れることができれば2千時間達成です!

結果毎日やないかいw

そんなツッコミみが聞こえてきそうw

まぁ~2000時間というボリュームを知るためにたとえとして

小学校を例に挙げましたが

結構大変な量をインプットしなければならないことはご理解いただけたと思います!

その莫大な時間を!

面白可笑しく!

ミッキーと一緒に過ごせる!

こう考えると画期的な教材に見えるのは僕だけでしょうか!?

っというかねw

画期的なのはわかってるんです!

前から興味はあるんです!

っていう僕みたいなかた!結構多いですよね?

興味はあるけど踏み出せない!

内容は大体知っている(調べつくしてます!)って方多いんじゃないでしょうか!?

皆さんが大体この教材に躓く場所

たかいんだよ!

ですよね?

これについてはまた次回にでもお話ししますね!?
「ディズニーの英語システム」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク