ごちそうさまに揺れています

どうもです!

先に言っておきます!

このページは何の解決にもなりません!

ただただ僕が普段子育てで体験している不安を皆様に投げかけてみたいと思います!

僕なりの考えはあるのでそれが解決へ導くかもしれませんがそうなった場合はまぐれですw

普段グーグル等で検索する時って何かを解決させるためですよね?

なのでここにこられた方も何かの答えを求められてると思うので

即決を望まれてる方はお手数ですけどもう一度グーグルに戻って再検索をお願いします

お手数をおかけして本当にすみません

このページの意図は僕の子育ての悩みをあなたに投げかけて

僕がこんな事で悩んでるぞ!

っとアピールするのが目的ですw

多分ですけどつまらなすぎて答えが出ないんですw

先に僕の悩みを伝えますね!?

ママと僕のしつけ感が違ってどうしたらいいかわからないw

どうでもいいでしょ?

詳しくお話ししますね!?

最近イヤイヤ期らしさがどんどん出て来て僕たちを困らせる1歳10ヶ月の娘

ご飯の時ももちろんw

最近どこで覚えて来たのか「バイバイ」と言う言葉も使いこなしw

都合が悪くなるとバイバイw

いや!

バイバイ!

を連呼して僕たちは軽く落ち込みますw

僕はよだれかけと認識しているのですが

おしゃれな言い方をするとスタイw

この歳の機能的な言い方をすると「食べこぼし受け」もつけるのを嫌がりw

食べてる最中は食べるのに夢中なので問題ないのですが

食べ飽きる頃になるとはずしはじめます

問題はここからです!

こうなるともう戦争w

ママと子供の食べこぼし受け合戦が始まりますw

子供は食べ飽きてるので

食べこぼし受けを引きちぎる勢いで外す

ベビーチェアーから立ち上がる

食器・食べ物を投げ捨てる

散らかった食べ物を手で広げてならすw

まだ食べさせたいママは食べこぼし受けをスキを見てつける

残しているご飯を食べさせようとする

子供もはごちそうさんを連呼して

ママのスプーンをはじく

ご飯とスプーンは

人質を取った強盗の隙を見て

凄腕デカから発射された銃弾が見事に

スプーンにあたって

人質は保護!

犯人は右手を庇いながら倒れているところを確保!

ってな感じで散らばってしまいます

もちろんですが

スプーンとご飯の話です

伝わってますでしょうか?

食卓のドタバタ感w

想像していただけますでしょうか?

食卓のご飯つぶの分布状況

僕的にはですけど

一度ご馳走さまと言ったら

どんなタイミングでも食べさせない方が良いと思うのです

その後お腹すいて困るのはもちろん僕たちですw

彼女(娘)はきっとお腹をが空いてくるとお腹を満たすまで泣き叫ぶと思うので

けど僕は、そうなってから食べさせてあげればいいと思ってます

まぁ〜

もう一度食事の用意はたしかに大変ですねw

普段食事の用意をしない旦那の立場だから言える事かもしれませんねw

何度かこんな感じの話をママとしてるのですが

現状維持という結果で終わってますw

それはそれでいいのです

僕は僕の考えをママに押し付けるようなことはしたくないので

あくまでも提案として採用してくれればOK

してくれなくてもそれはそれでOK

ってスタイルです

ただ採用してくれなかった場合w

大変そうな姿を見ると…

「だから言ってんじゃん」って気持ちが押し寄せてきますw

あなたはどう考えますか?

私の意見はこうです!

「ご馳走さま」と言ったら食べさせない!

「ご飯受け(スタイ)」を外しても一緒

一旦全部引き上げます!

一旦引き上げて

お腹が空いたと主張ししてきたら

特例としてもう一度出します!

こうしないとご馳走さまという言葉の意味がわからないのじゃないかな〜

スタイを外すのも同じで食べるのに必要な装備を外すのは良くないんじゃない?

って感じです

念のため

一旦引き上げるのは

ご馳走さまという言葉が何かを教えるためなので

取り上げていじめてやろうとかそういう考えではないです

まだそういう判断がつかない歳かもしれないです

覚えた言葉をとにかく使う歳でもあるのでその辺の判断も必要かと思います

正確に言うと今回の内容で言うと

子供が発する「ごちそうさま」と言う言葉が本当は何を指しているのか

本当にお腹いっぱいもう食べれないから「ごちそうさま」なのか?

(食べ飽きたとかお腹は満足ではないけど)

この言葉を言うと食事から解放してもらえるから「ごちそうさま」なのか?

ただただ意味もなくこれを言うと賢いと褒めてもらえるから「ごちそうさま」なのか?

この子供が発するごちそうさまの真意によって

  1. 僕たちの反応は改める必要があるんじゃないかと悩んでいるわけですw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク