遺言書(希望)

あなたは自分の最後について考えたことありますか?

最近ちょっとばたばたしていてなかなか更新できませんでしたw

そのばたばたと言うのも
仕事が忙しかったのもあるのですが
義理祖父のお通夜・お葬式・告別式も重なり
(ココから先はお通夜・お葬式・告別式ひっくるめてお葬式とさせていただきます)
高速道路仕様で12時間かけて運転してみたり
帰りは優雅にフェリーに乗って帰ったりする予定が
まさかの船酔いしてみたり

帰ってくるなり仕事に呼び出されてみたりw
次の日、弟家族の子守を請け負ったり

必要とされてるって素敵なことで
ありがたいと言うか誇らしいと言うか
ぜんぜん嫌いじゃないですけどw

ね?

ゆっくりできるならゆっくりしたいですよねw

そんな時間があったらきっと僕はまずブログ書くので
ゆっくりしたいと言いながらゆっくりしたくない性格なんでしょうね?

実際今も寝ればいいぐらい眠たいのに
出来る時間があるなら仕上げなければいけない書類があるのに
ブログ書きたい衝動に勝てずに書いてますw

今回はそんなバタバタの中で行ったお葬式で感じたことをつらつら書いていきます!

縁起でもない話かも知れないのですが
最近僕の周りで人が死ぬことが多く
結構な頻度でお葬式に行かせてもらってまして

義理祖父もそうなのですが
結構ショックだったのが後輩の死
僕よりももっと偉大でめっちゃ頑張り屋さんで
周りから愛されてるような奴でした

後輩だけに限らずで
そんな大切な存在な人たちの最後のイベントに立ち合わせていただいて感じることは
○僕がそこに行くことも凄い貴重な事だという事と
○葬式って言うのはその故人の人生を映し出す集大成でもあるということ

この二つを強く感じます

どのお葬式(人生)が良いとか悪いとかそう言うのじゃないのですが

家族だけのあったかいお葬式

大人数の知り合いが集まる立派なお葬式

ほんとに個性が出てるというか

さっきまで泣き崩れてたはずなのに式が終わると笑いが耐えない宴会みたいになったり
イメージどおりの終始ひっそりとした式だったり

そんな違いを見てると気になるのが

僕の葬式・・・

死にませんよw

むしろ全力で生きる宣言を今からしますw

僕は冒頭で話した後輩の死をきっかけに思ってる事があります!

コイツの分まで生きよう!っと

2つの人生を生きれるほど僕は特殊でも器用でもないのでw
僕の人生しかたどる事が出来ませんが
僕が魅力を教えて僕よりハマッてそんな雑誌にでて来るほどになったバイクに
もう一度乗ることを決めました!
(通勤にちょうど良かったのでwむしろ通勤メインですがw)

それで僕がもし死んでしまって後輩に会える事があれば
僕の人生を土産話にお酒を飲み明かそう!
バイクでコケタとかw今の時代のバイクはこんなんだwとか

なので棺の中には僕じゃ飲みきれないお酒を入れてもらう約束を奥様としてますw
後輩だけじゃなくこれから先も含めて

僕より先に死んでしまった家族・友・仲間とのむのが僕の夢です!
そのためなら地獄も天国も行きたいと思ってますw

そして今回のお葬式でまた新たな目標が出来ました!
奥様よりは長生きしようwです!

火葬場で茶碗を割ったり点火スイッチを押させるのは
奥様にはさせれない!
あんな悲しい思いはさせたくない!

ってなると娘がそれを担うことになってそれはそれで嫌ですがw

そこは娘である限りたどるべき道!

ファイッ!w

ただこれ(娘にお酒を入れてもらう)の問題は
お酒を入れてもらえそうじゃないw
お酒は僕自身そんなに好きじゃなくてw
お酒が入って陽気にしゃべるあの感覚が好きなだけなのでw

娘が僕の思いをちゃんと理解してくれるかが凄く心配w

あとはこれから先の人生
今までいろんな人と出会い凄く成長させてもらえたので
欲深くもっと出会って自分を高めたい

出来ることなら高めた知識をつかって
社会に貢献して
正々堂々と誇らしく死にたい!

大切な家族や友・仲間にはしっかり泣いてもらって
しっかり笑わしてやりたい!

最後の最後までアイツらしいわ!って
オチをつけて
誰にも迷惑かけずに死ぬのが理想!

それまでは必死で生きてやる!
家族や仲間を大切にしてやる!

僕が生きてるうちに死んでしまった人たちの死は絶対に無駄にしない!
僕の経験として飲み込んで僕の人生の原動力になってもらう!

僕なりの供養ってこうだと思ってます

故人が生きれなかった進めなかった明日を僕もあなたも進む事が出来ます!

お葬式に参加出来るって言うのは、その無念さとバトンを受け取る為の式のような気がしてて

もっと大切に今日を生きることのすばらしさを伝えたいのですがw

表現力無くてw

最後まで僕の独り言にお付き合いいただきありがとうございますw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク