枝豆栽培記

ビールと一緒にあるとうれしい野菜部門1位
※勝手に作りましたw

といっても過言ではないぐらい定番ですよね?
塩茹での枝豆ほどビールにあう奴はいないと僕は思ってます!
育ててみて思ったのですが簡単です
ほぼ手を加えず水やるだけで育ってました

知り合いの枝豆はダメだった見たいなので
たまたまかもしれないですね

それでは僕が育てた方法をまとめます!

用意する物

プランター

野菜用のふかさ20cmぐらいの物が適切ですが
実際に育てる(プランターを置く)場所とも相談しながら決めましょう

土・鉢底石

最近この記事(栽培方法)を書くとき毎回言ってますが
水はけを考えて底に石を入れるのですが最近のプランター石が要らないと宣伝してる物があります
石不要プランターなら石は必要ないと思います(理由はそう書いてるからですw)
育てた感じではそんなに水の状態に気を使う必要はなさそうな印象でした
土は野菜用の土で袋に内容量が記載されていますので実際に用意しているプランターの大きさをみて選定してください
出来るだけ新しい土の方が育ちは良さそうです
今回はビニールポットも使います!
トマトやきゅうりの苗を購入後植え替えたときに残しておいた物です

ペットボトルのそこの部分も使えるかもしれないですね~
ペットボトルできゅうり栽培に挑戦/イクメン一口馬主&デジタルマーケターgejigejiの足跡
↑↑ブロギル(free)と言う集まり(サロン)で知り合ったブロギル菜園部の部長のブログです!

種・肥料

僕たちが育てたのは「サッポロミドリ」と言う品種の種です
肥料は栽培過程の中間で与えますのでそのときでもOKです
※枝豆は基本的には肥料は要らないという考えでいいようです

園芸道具

ビニールポット・水やりホースもしくはジョウロ・小さなスコップ・ハサミ防虫ネットでいいと思います
スコップも植え替の時だけですので代用できる者があればそれでOKです

スポンサードリンク

アイリスさんで一通りそろいますよ↓↓


育て方

プランターセット・植え付け

まずはビニールポットに土を入れて1ポット3粒種を入れます
そして指で種を地中へ押し込みます(第一関節ぐらいまで)
そして水やりして発芽を待ちます
・・・
1週間目安ぐらいで枝豆を二つに割ったような双葉が出てきます
まだまだ水やりのみです!
※このときカラスに注意です!僕たちはネットをかぶしていたので何も無かったのですが
カラスが興味心身で様子を見に来てたのを何度かみました

本葉が4枚ほど出てきたらプランターへ植え替えです
プランターにもよりますが石が必要なプランターには石を敷きます
底が見えない見えにくいぐらいまで入れましょう
石不要のプランターもしくは石を入れたプランターに土を入れます
プランターの上面3cmほど手前まで入れます(満タンまで入れると水やりのときに水が流れ落ちるので)
これでプランターのセットはOKです
ビニールポットよりも1まわり大きな穴を開けて植え替えます
僕は石の上にビニールポットからはずした苗をいれ
その周りを土で埋める方法をとりましたw(ただの横着ですw)

間引き

あえて間引きと書きましたが!
枝豆は間引きの必要が無いようです!
忘れてるわけではないよアピールですw

追肥

これもあえて書きましたが
追肥も株が小さいなら追肥する!
っとあるのですがどうなってら大きいのか小さいのか分かりませんので
僕は気持ち追肥することにしました
(育ってる感が少なかったので追肥しましたがw
変りませんでしたw

収穫・まとめ

ずーっとネットの中で育っていたので
いつの間にか花がついていつの間にか枝豆が出来てました
僕が簡単だな~っと思った理由がここにあるのですが
収穫はサヤがぷっくりして抑えると中身が飛び出す勢いがあればOK!
黄色くなるまでに収穫すると言う事なのですがw

枝豆ですよw
一粒だけじゃね~
数がそろっての枝豆なので頭数がそろうまでとにかくまってました
そしてそろそろと思い収穫したのですが

コリッコリの枝豆が出来ました
歯ごたえがあって美味い
こりこり感がビールとよく合うんだw

オクラと共に収穫したのですが
僕はどこを見てたのか1ポット3株のポットを1株に間引いてしまいw
3ポット合計3株で写真の感じです
(本来なら9株出来ていた予定w)
ちょっと寂しいでしょw
まだうすぺらいサヤが残っているので希望はあるのですが
次回は9株で挑戦したいと思います!

スポンサードリンク



我が家ではほかにもこんな野菜そだててますよかったら見てい行ってください

我が家の野菜2018年夏仕様まとめ
ブログ村ランキングに参加しています良かったらポチットお願いします!
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク